ソフマップ(Sofmap)

新型コロナウイルス感染症への対応

お客様への取り組み

ご来店いただくお客様の安全と安心のために、感染防止対策として、各種シーン別のPOPの掲示や、店頭の消毒、接触対策等の取り組みを行っています。

ソーシャルディスタンスの取り組み

各種シーン別POPの掲示やレジ並びの間隔目印、カウンター数を減らすなど、お客様同士ならびに、従業員同士の密度も下げて営業しております。

消毒液の設置や入退店導線の分離

  • 店舗入口、レジ付近、各種カウンター等に消毒液を設置
  • 入口専用、出口専用の導線を作り、密を回避するとともに、必要に応じて入店制限を実施

接触感染対策

  • トレーを使用した金銭の受け渡し
  • お客様ご自身でのカードの読み込み

店内の消毒

従業員による、開店前、開店後をはじめ、お客様の手がふれる商品やカウンター等、随時店内の消毒

従業員間における取り組み

新しい働き方の推進

ソフマップは、店舗営業時間の短縮や、テレワークの導入により本部の出勤率を削減するなど「新しい働き方」に積極的に取り組んでいます。

勤務体制や出勤率の調整

在宅勤務の推進

モバイルVPNを活用した在宅勤務

サテライト勤務の推進

最寄り店舗や研修センター、物流センターを活用したサテライト勤務の実施

本部における調整

  • 従業員の間隔が確保できる出勤率への調整
  • 各部署スペースの見直し、フリーアドレスの推進

休暇の活用

  • 緊急事態宣言下での会社休業(特別有給休暇)付与
  • 学校休校等による育児休暇の取得推進

時差出勤および残業時間の削減

シフトを活用した通勤時間の分散、出勤時刻および曜日の偏りの見直し

朝礼やミーティング等の実施頻度の見直し

ノー残業デーの実施、残業時間の削減

  • 毎週水曜日をノー残業デーに設定
  • 最終退館時刻を設定

時短勤務の実施

会議、研修等のオンライン化

商談や研修のオンライン化、対面商談の頻度削減

社内会議のオンライン化、頻度削減

商談スペースの見直し

社内研修のオンライン化

リクルート等のオンライン外部研修を導入

eラーニングによる自己啓発支援制度を導入

対面での打ち合わせ時の対策

室内の換気

マスク着用の義務化

飛沫防止用アクリル板の設置

店舗やオフィスでの備え

従業員の安心・安全のため、店舗やオフィスでの感染症対策に努めています。

従業員向けPOPを掲示

従業員の感染症予防を徹底するためのPOPを掲示

  • ただ今ソフマップは、お客様と従業員の感染症予防に努めながら営業をしております。

    従業員期間での取り組み一例

1日4回の検温を徹底

第三者の確認を必須とした、出勤前、出勤時、休憩後、退勤時の計4回の検温

消毒液や体温計測機の設置

  • 店舗入口、レジ付近、各種カウンター、 オフィス入口等に消毒液を設置
  • 本部、商品化センターエントランスに顔認証体温計測器設置

マスク着用の義務化、うがい・手洗いの励行

  • 全従業員のマスク着用を義務化
  • マスクの無料支給
  • うがい、手洗いの励行を実施

会議室や休憩室等の対策

  • 休憩室各テーブルに飛沫防止用ボードを設置
  • 休憩室のテーブルを向かい合って使用しないよう、配置の見直し
  • 秋葉原本部休憩室の拡張(従来比1.8倍)
  • 秋葉原本部休憩室および更衣室に光触媒による抗菌・抗ウイルスコーティング実施

コロナ特別有給休暇と賞与特別加算

ビックカメラグループでは、従業員の感染リスクの低減や外出自粛要請等への対応として、休業日を設定し実施しています。休業日の給与の取り扱いに関しては、別途締結した労使協定に基づき、月給者については、休業による不就労分を控除せずに支給しました。日給者・時給者についても、雇用契約書の所定労働時間に応じた給与を支給しています。また、小学校休校等に伴う特別有給休暇の付与など、各自の事情に応じて柔軟に対応できるサポートを充実させています。
加えてソフマップでは、2020年度夏季賞与において、特別加算も実施しました。

社長メッセージの配信

社長メッセージを配信することで、緊急事態宣言等への対応について迅速に共有するとともに、 新型コロナウイルス感染症拡大の中、不安を抱えながらもお客様の社会生活のために勤務している従業員とのコミュニケーションを重視しました。

従業員向けメール相談窓口を設置

勤務している従業員(自社派遣、取引先スタッフを含む)を対象に、新型コロナウイルス感染症に関連する事項について、働き方への不安や 健康状態についての不安等、メールにて相談できる窓口を設置いたしました。

新型コロナウイルス感染症発生を想定したBCP対応訓練

ビックカメラグループにおいて、新型コロナウイルス感染症が株主総会や本部オフィスで発生したことを想定したBCP訓練を実施しました。グループ各社の社長をはじめ、管理者が担当部門の課題・問題点を洗い出し、第三者目線による新たな気づき、対策方法等を検討しました。