ソフマップ(Sofmap)

キャリアを知る

「社員一人ひとりの成長が、会社の成長につながる」という考えのもと、社員のキャリアアップを支援しています。
新卒社員は、次世代の経営幹部候補です。これからどのようなキャリアを積んでいきたいのか、5年、10年というスパンで考えながら成長していくことを期待しています。

ソフマップでのキャリアイメージ

  • 入社後はまず、ソフマップの最前線である店舗に配属されます。小売業にとって接客は基本であり、また店舗はソフマップの「顔」となる重要な存在です。ここでお客様がソフマップに求めることや世の中の動向をつかみながら、接客のスキルを磨いていきます。その後は適正や希望をふまえ、店舗、サービスサポート、本部で、それぞれのキャリアを積んでいきます。

    キャリアの図

社員の成長支援

  • トレーニングセンターでの研修
    ソフマップ本社にはトレーニングセンターを設置しており、社員のスキルアップに向けたさまざまな研修を行っています。

    ■新入社員研修/はじめに、ビックカメラグループ全体で「社会人導入研修」を行います。その後はソフマップのトレーニングセンターで、挨拶や接客、レジ操作などの店舗業務の基本や、ソフマップのサービスを学ぶ研修を行います。
    ■異動時研修/店舗からサービスサポートに異動する際など、新たなスキルの習得が必要な際には、トレーニングセンターで集中的に研修を行います。

    ビックカメラグループ力を生かしたスキルアップ
    接客力向上に向けたグループ3社合同の「ロープレコンテスト」、グループ他社の業務を経験しスキルを磨く人財交流など、ビックカメラグループの基盤を生かした成長の機会を設けています。

    個人のスキルアップ支援
    メーカー担当者から商品知識やお客様への提案方法などを学ぶ勉強会を、店舗ごとに不定期で開催しています。また公的資格取得も推奨しており、資格保有者には手当が支給されます。

ポストチャレンジ制度

  • 新事業を立ち上げる際などにプロジェクトメンバーを公募する「ポストチャレンジ制度」を設けています。これは、個人の「やりたい!」という意欲を大切にしたものです。
    該当事案への見識やビジョンを確認する面接などを経て、登用されます。直近では、eスポーツや女性集客に関するプロジェクトが、この制度の対象となりました。

    自分で道を切り拓くことの面白さ

    広告宣伝部 桑名さん

    ポストチャレンジ制度は自らの希望を伝えられる貴重な機会なので、自分に合うものがあったらぜひ手を挙げたいと思っていました。現在はこの制度を利用して、アイドルのライブコマース事業に携わっています。私自身、趣味として配信コンテンツに触れ、ライブならではの臨場感などを体感していたので、もっと多くの人にこの良さを伝えたいと思っていました。新事業の立ち上げにあたっては、まだ誰も歩いたことがない道を切り拓く必要があります。責任の重さを感じながらも、自分でアイデアを出したり、周囲の意見を取り入れたりしながら、事業に対する思いや期待を形にするべく奮闘しています。

    女性視点がチャンスになる

    広告宣伝部 山口さん

    ビックカメラから出向するかたちで、ソフマップの女性集客向上プロジェクトのメンバーになりました。ポストチャレンジ制度に応募する際には少し迷いもありましたが、やりたいことができる・やらせてもらえる環境をフルに活用したいという気持ちが勝ちました。社内の周囲の人も、ポストチャレンジの募集には必ず目を通しています。現在は「AKIBA④号店 アミューズメント館」に若い女性向けの売り場をつくるべく、図面作成から陳列する商品選びまで、売り場づくりに関するすべてのことを一から考えています。
    今、ソフマップは女性ならではの視点での提案を強く求められています。毎日新しいことの連続ですが、チャレンジできる環境にやりがいを感じています。