ソフマップ(Sofmap)

働く環境を知る

ソフマップという会社に誇りと愛着を持ち、そこで働く自分自身にも誇りを持てるような職場環境の整備に努めています。

ワークライフバランスに向けて

  • ソフマップでは、社員のワークライフバランスを重視しています。集中して勤務した後のプライベートの充実は、さまざまなインプットの時間となり得ます。それらの経験、体験、思考を日々の業務につなげることで、仕事と私生活にプラスの循環が生まれると考えています。

    長時間労働の抑制
    社員一人ひとりの勤務実績は人事部が一括で管理しており、勤務時間が長い傾向が見える場合には、人事部から該当部署に改善を要請しています。残業時間は、月平均で一人あたり20時間程度です。
    有給休暇取得推進
    各自の有給休暇から年に3日間を「計画有給」として、家族や個人の行事、記念日に合わせて計画的に休暇を取れる制度を導入しています。また3日以上の連休を年2回の取得するよう推奨しています。

働きやすい職場環境整備

  • 自己申告制度
    年に1回、社員アンケートを実施し、従業員満足の向上に努めています。これは「今の仕事はあっていますか?」といった業務に関するアンケートに加え、転勤への不安や家族の介護問題など、人事部に伝えておきたいことを自ら申告することができる制度です。申告内容によっては、人事部から直接本人に確認し、必要に応じて面談を行い、配置換え等を行う場合があります。評価などへの不利益な影響がないよう配慮しています。

    ハラスメントの防止
    電話やメールによる相談窓口を設置し、ハラスメントの防止に努めています。窓口は社内と社外にあり、匿名での相談が可能です。相談内容については、弁護士事務所とコンプライアンス委員会を通じて、迅速・適切に対応する体制を構築しています。また店長会などの場を通じ、管理者向けの勉強会を行い、ハラスメントの防止を図っています。

社員の健康管理

  • 「お客様に最高の満足とサービスを提供する」為に、従業員と家族の心身の健康がその基盤だと考えています。従業員が個々の能力を発揮しながらいきいきと働き続けられる会社作りを目指し、健康診断やストレスチェックなどを通じて健康管理を行っています。産業カウンセラー資格を有する社員が希望者の面談を行うなど、心身共に健康で働ける環境づくりを推進しています。