ソフマップ(Sofmap)

環境への取り組み

環境循環型社会形成への貢献

ソフマップは、リユースおよびリサイクルを通じて環境循環型社会の実現に取り組んでいます。
1984年より中古パソコンの販売を手がけ、買取価格の徹底調査、専門スタッフによる査定、ハードディスクに残った個人情報の完全消去等、長年の経験に基づいた買取のノウハウを培ってきました。また、買取商品を新しいお客様に提供するための品質マネジメントシステムを確立し、返品保証や使い方サポートなどのサービスも提供しています。品質管理、商品化手法、生産性向上、アフターサービスに取り組むことで、高品質な中古品をより早く、より安くお届けできるように取り組んでいます。今後も、お客様が安心して商品を売買できる仕組みづくりに力を入れていきます。
また2019年7月より、ソフマップドットコムをはじめ、グループ各店で利用できる独自の決済サービス「ビック買取マネー」をスタートしました。「ビック買取マネー」は、循環型社会に対応したビックカメラグループで使える新しいお支払い方法です。不要になった製品を買取・下取りするときに「ビック買取マネー」でお受け取りいただけ、商品購入にご利用いただけます。
そして買取サービスに力を入れてきた経験を活かし、買取アプリ「ラクウル」を中心に「モノ」を循環させるサービス提案も行っています。他社とパートナーシップを結ぶことで、他ジャンルかつ広範囲な品目の購入・レンタル・買取・リユース・リサイクルをつなぐことを可能にしました。それらを「リユースエコノミーサイクル」として掲げ、サーキュラーエコノミーの実現に貢献しています。

商品・サービスにおける取り組み

包装容器の削減

ソフマップでは2017年より、リユース商材の納品に通箱を導入しています。以前は気泡緩衝材を使用し、店舗で買い取りしたパソコンやスマホなどの製品を店舗から商品化センターへ出荷していました。また商品化センターで商品化後も段ボールや気泡緩衝材、ビニール袋を使用していましたが、プラスチック段ボールやファイルケースなど繰り返し使用できる包材を導入、活用することで包材容器の削減に努めています。
さらに店舗での製品販売時には、小物商品販売時に販売員の声掛けやPOPなどにより容器包装について消費者の意思確認を行うことで、レジ袋削減を促進しています。大型商品用の手提げ紙袋に底板を採用するなど簡易包装化の推進にも取り組んでいます。

浦安商品化センターで運用されている通箱

事業所・店舗における省エネルギーの取り組み

ソフマップでは事業所・店舗において、細やかな配慮を行うことでエネルギーの削減に取り組んでいます。

2011年 エレベータの稼働管理
展示機(店頭のパソコンやテレビなど)の間引き通電など
バックヤードや事務所を含め、エアコンの温度調整や不使用箇所の照明OFF
2016年 照明のLED化
レジ〆作業など閉店作業の軽減による、閉店時間から全員退店までの時間削減
2017年 浦安商品化センターの日曜休業