ソフマップ(Sofmap)

社会への取り組み

スポーツ・文化

ソフマップは、2018年よりeスポーツを楽しみながらネット配信ができる「eSports Studio AKIBA」を運営しています。コミュニティーイベントをはじめ各種イベントの開催を可能にし、学生サークルやプロチームなど、団体であればアマチュア、プロ、個人、法人を問わず、無料でご利用できるようにしています。多くの方にご利用いただくことを通じて、eスポーツの「魅力」や「楽しさ」を広げていきます。
また、eスポーツプレイヤーやチームの支援も行うことで、ポップカルチャーの発信に貢献しています。プロプレイヤーの在籍だけではなく、2019年には、プロゲーミングチーム「DeToNator(デトネーター)」とのコラボによるオリジナルアパレル・グッズブランドの立ち上げを発表。
関連商品を販売することでDeToNatorに還元、チームからeスポーツ全体を盛り上げる施策を行っています。

DeToNatorのアパレル公式通販サイト

地域・教育4 質の高い教育をみんなに

学生のサポートや活動支援

ソフマップでは、高校・大学・専門学校などの教育機関のサポートや連携を推進しています。

学内サポートカウンターの運営

近畿大学(大学生協)

専用サイトによるPC販売・サポートの提供

近畿大学(大学生協)、立教大学、クラーク記念国際高等学校

eスポーツ振興

クラーク記念国際高等学校秋葉原ITキャンパスeスポーツ専攻

サステナブルゲームイベント運営サポート

株式会社 Innovation Power

共同研究

  • 消費者購買行動の分析
    東海大学情報通信学部 経営システム工学科 田畑智章研究室

近畿大学のPCサポートセンター「CLICK(クリック)」

地域振興の取り組み

ソフマップは秋葉原電気街振興会に加盟し、秋葉原の振興に積極的に取り組んでいます。
例えば年に3回実施される電気街祭りの企画、祭日や毎週日曜日に行われる歩行者天国の実施サポート、清掃活動や防犯パトロール活動などを行っています。これらの取り組みを通じて、街全体の活性化と、お客様により安心して楽しくお買い物をしていただける環境づくりを目指しています。

週末恒例の中央通りの歩行者天国

BCP活動

大規模災害に備えて

ソフマップでは、ビックカメラグループ全体のBCP活動に参画し「お客様・従業員の人命を最優先にする」ことを前提に、ライフラインの復旧状況を確認しながら、お客様のご要望に応え、商品・サービスを提供することを目的とする「災害対応 大方針」を定めています。方針に従い、ソフマップ本部での訓練はもちろん、グループ合同の本部訓練も定期的に行っています。また、全国の店舗には、電話設備が使用できない事態に備えて、通話が可能な「IPインカム」を設置し、災害時でもいち早く情報が収集できる体制を組んでいます。池袋などの一部店舗では、月に一度IPインカムを利用した安否確認訓練も実施し、有事に備えています。

コールセンターでの対応

ソフマップコールセンターはグループBCP方針と独立したBCPを策定し、お客様サポートの継続を行うよう計画しています。秋葉原本部のコールセンターをメイン拠点に、大阪、埼玉にも拠点を作るとともに、緊急時在宅勤務によるサポート業務の継続も視野に計画を策定しています。また、コールセンターの被災状況を想定することで緊急時に迅速な対応が可能となるよう努めています。

秋葉原本部のコールセンター