ソフマップ(Sofmap)

デジタルデバイド解消へ取り組み
ITADサービス
法人のお客様

ソフマップ(Sofmap)

ニュース

テラ・ルネッサンス×ソフマップ IT 機器リユースの可能性と紛争鉱物問題解決支援への貢献

2024.07.04 企業情報

株式会社ソフマップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中阿地 信介)は、認定NPO法人テラ・ルネッサンス(本社:京都府京都市、理事長:吉田 真衣、以下 テラ・ルネッサンス)の活動に賛同し、テラ・ルネッサンスの活動支援を行うことといたしました。
テラ・ルネッサンスは、コンゴ民主共和国などアフリカ諸国での紛争鉱物問題の解決支援を行っています。IT機器を生産する上で必要不可欠な鉱物であるタンタルなどいわゆる「レアメタル」などの天然資源の利権をめぐり、アフリカ諸国では紛争などの問題が起こっており、紛争の長期化における貧困などを主な理由として、今も多くの人々が命と暮らしを脅かされています。紛争の長期化における貧困などを主な理由として、今も多くの人々が命と暮らしを脅かされています。私たちが使うスマホやパソコンにももちろんレアメタルが使用されており、IT機器のリユースにより、新たに使用するレアメタルを減らすことができれば、微力ながら紛争問題の解決に貢献できるのではないかと考えました。この度は、活動支援の第一歩として、テラ・ルネッサンスの職員が現地で使用するリユースパソコンを寄贈することとし、2024年6月20日(木)に当社ITADセンター(千葉県船橋市)にて、寄贈式を行いました。この寄贈したリユースパソコンはソフマップのリユース事業のITADサービスで買い取ったパソコンが使用されており、今後は紛争被害者の自立支援のために必要なIT機器を提供するなど、当社のリユース事業と連携してテラ・ルネッサンスの活動支援を継続的に行ってまいります。

テラ・ルネッサンスの活動(テラ・ルネッサンスホームページより一部抜粋)

誰にでも、平和な社会でありたい、好きな人と暮らしたいなど、それぞれの「願い」があるはずだとの考えから認定 NPO 法人テラ・ルネッサンスは、「すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現」を目的に 2001 年 10 月に設立されました。
「地雷」、「小型武器」、「子ども兵」、「平和教育」という4つの課題に対して、現場での国際協力と同時に、国内での啓発・提言活動を行うことによって、課題の解決を目指しています。

テラ・ルネッサンスホームページ(https://www.terra-r.jp

ソフマップの ITAD サービス

ソフマップの ITAD(IT Asset Disposition:IT 資産管理)サービスは IT 資産の購入から買取・リサイクルに至るまで、IT 資産をライフサイクル全体でサポートする法人様向けサービスです。『使う・活用する』・『捨てない』・『買い取る』といったリユースエコノミーサイクル(資源循環型社会)に取り組み、IT 資産の適切な運用をご提案しています。

ソフマップ ITAD 事業ホームページ(https://www.sofmap.com/itad/

テラ・ルネッサンス×ソフマップ ITAD サービス

先進国が使用する IT 機器が、巡り巡ってアフリカ諸国で紛争などの問題を引き起こしているという現実に直面し、主に国内で新品・中古の IT 機器販売・買取を行っている当社として、微力でも問題解決に貢献できないか?との思いから今回の取り組みにつながりました。今後、継続的な取り組みに発展させるため、ITAD サービスの利用から再生された IT 機器を定期的にテラ・ルネッサンスへ寄贈するスキームを検討しています。新たな取り組み詳細は後日発表する計画です。

リユースパソコン寄贈贈呈式

2024年6月20日(木)当社 ITAD センター(千葉県船橋市)において、リユースパソコン寄贈式を行いました。当日は、当社役員ならびにテラ・ルネッサンスより理事長:吉田 真衣 様、理事・海外事業部長:小川 真吾 様、アフリカ事業コーディネ ーター:トシャ・マギー 様、啓発事業部 寄付・法人連携担当:伊藤 あかり 様にご参加いただきました。

  • 当社よりパソコンの寄贈後、テラ・ルネッサンスより感謝状をいただきました。

  • 寄贈式後、ITADセンター内の視察を行いました。

  • 寄贈したPCを試用される様子。フランス語OSをインストールしています。

アフリカ事業コーディネーター トシャ・マギー様、理事・海外事業部長 小川 真吾様との座談会

寄贈式当日には、テラ・ルネッサンスアフリカ事業コーディネーターのトシャ・マギー様と理事・海外事業部長の小川真吾様と当社社長中阿地との座談会を行いました。座談会の様子は、今後の取り組み・計画と合わせて、後日レポートとして公開いたします。

関連記事